適切に診断を受ける事によって、うつの治療をスタートしよう

犬だってウツになるだから大丈夫

自分で知るために

うつなのかどうか知りたい

自分がうつなのかどうか知る方法がいくつかあります。 もっとも簡単な方法はWeb上で自己診断する方法です。 自己診断はICDやDSMといったものや、心療内科医が作成したものなどがありチェックしていくことで簡単に自分がどんな状態にあるのか調べることができます。 しかし、自分がうつなのか不安な状態でチェックを行うと高確率で診断結果がうつとなります。 そのため、正確に自分がうつなのかどうか調べたい場合はお近くの心療内科へ受診する必要があります。 心療内科でも基本は上記で書いたICDやDSMに沿って質問されますが、この他に今現在の生活の様子や症状、最近ショックなことがあったかどうかなど細かく質問され、どうなのか診断されます。

診断することのメリットとは

うつなのか調べることには様々なメリットがあります。 まず、診断することによって今現在の自分の状態がわかります。 うつ状態でなくても診断を行うことで、どのような状態か分かるので予防の措置をとることができます。 また自己診断でうつだった場合、心療内科で正確に診断を行い早期の治療を行うことでうつ病を短期間で直すことができます。 診断内容が中度・重度の場合で治療を行っている場合でも定期的に行うことで今現在の自分の状態を正しく把握し良くなっているのか知ることができます。 この他にも自分ではなく他の人から自分はどうなのかチェックしてもらうことで、自分では気付かなかったうつ病を早期発見し治療を催すこともできます。 このように診断するだけでも多くのメリットがあるので、気になることがあればまずは相談しましょう。

うつ病と診断される基準があります

現在、日本ではストレスの蔓延により精神に疾患が現れる人が増えています。大きな事務所や工場では、うつ病などの病気により長期にわたり休職の措置を取っている方もいらっしゃいます。 心療内科では、一般的に、気分が晴れない状態が2週間以上続いている際に、抑うつ状態と診断されます。しかし、期間にとらわれず、心が落ち着かない状態や仕事に手がつかない状態が続くようであれば、早目に心療内科の受診をすることが大事です。うつ病は早期に対応し、適切な治療を受ければ、完治までの時間が短くなります。自分では心身に問題ないと考えていても、周囲の方から様子が違うと言われることがあった場合には、医療機関で診断を受けることが大事です。

早期の治療や対応が大切です

うつ病は、適切な治療を行えば必ず快方に向かう病気です。最近は病名がメジャーになったことや心療内科受診の敷居が低くなったことにより、医療機関を受診する方は増えています。しかし、自分はうつ病にかからないと誤った認識を持っていたり、休職することで会社に迷惑がかかるといった考えや、他の方の目を意識してしまうなど、医療機関の診断をためらう方もいらっしゃいます。 うつ病の治療は薬物療法や社会的療法などありますが、どれも早期に対応することがカギになります。病状が軽い方であれば、月に1回程度の定期的な通院で回復することもあります。しかし、病状が重篤になると、回復に数年を要してしまい、会社を退職せざるを得ないケースもあります。気持ちが落ち着かない日々が続いた際は、心療内科で診断してもらいましょう。

うつ病診断に欠かせない二つの基準のどちらかに該当するか

うつ病の診断についてアメリカの診断基準から見てみよう。以下に示すうつ症状のうち5つが同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしていることが必須である。まず1つは、その人自身が悲しみや空虚感を感じるているかである。また、他者の観察、例えば涙を流しているように見えるといった症状が、ほとんど一日中見られるというものである。2つは、ほとんど1日中、すべての活動における興味、喜びの著しい減退が見られるというものである。こちらも自ら意識できるものであっても、他者の観察によって判断されることであってもどちらでも構わない。そして、この二つの基準のうち少なくとも1つは該当していることがアメリカにおけるうつ病診断の特徴となっている。

Topics

費用を把握する

うつの診断を病院で受ける場合には、どの程度の費用が必要になるかを事前に把握しておくことは非常に重要なポイントになっています。そうした金額を把握する事によって、安心して診断を受けられるのです。

MORE

Contents

日本だけではない

うつの診断方法は、色々存在していますが、現在主流になっているのは大きく分けて2通りだけです。その2つの診断方法は、国際的に利用される診断方法であるため、より信頼性の高い診断といえるのです。

MORE

認知度

うつであるかどうかを判断することが自分では難しくても、うつの認知度の高まりによって、回りが気づくことも珍しくありません。そうしたことがキッカケで病院で診断を受ける事も少なくないのです。

MORE

Pick Up

クリニックを調べる

現在、うつの診断を行っている病院やクリニックは非常に多くなっています。そのため、どこで診断を受けるかについては、自分で調べたり、家族に調べて貰うのがオススメです。

MORE

改善するために

うつ病であるとの診断を受けた場合には、適切に改善する方法を把握して、その方法を実践していくことが非常に重要になっています。そうした事を適切に行う事でより効率的な治療を開始出来ます。

MORE